Reuters logo
上海福喜の食品安全問題、「組織ぐるみ」と当局認識=新華社
2014年7月23日 / 00:21 / 3年後

上海福喜の食品安全問題、「組織ぐるみ」と当局認識=新華社

[上海 23日 ロイター] - 中国の食肉加工会社、上海福喜食品が使用期限切れの食肉を出荷していた問題で、同国の規制当局は、食品安全基準への違反は従業員の個人的な行為ではなく、組織ぐるみだったとの認識を示した。

7月23日、中国の上海福喜食品が使用期限切れの食肉を出荷していた問題で、同国の規制当局は組織ぐるみだったとの認識を示した。上海福喜の工場で20日撮影(2014年 ロイター)

新華社が22日遅く伝えた。

新華社の報道によると、上海市食品薬品監督管理局の副局長、Gu Zhenhua氏は「違法行為が個人ではなく、組織的に行われていたことを示す複数の証拠が見つかった」と述べた。同社から食肉を仕入れていたマクドナルド(MCD.N)や、ケンタッキーフライドチキン(KFC)を運営する米ヤム・ブランズ(YUM.N)などは、相次いで消費者に謝罪する事態となっている。

上海福喜食品は米食品卸売会社OSIグループの中国法人。同社幹部は23日、電話取材に対しコメントを拒否した。

上海の監督当局は別の声明で、上海福喜食品で安全基準に対する違反が疑われる1000トン以上の食肉製品を差し押さえたことを発表。さらに、複数の取引先でも同社の製品100トンを差し押さえたことを明らかにした。

*内容を追加して再送します。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below