April 17, 2015 / 8:43 AM / 4 years ago

コラム:「中国の夢」で世界秩序の転換あるか

[16日 ロイター] - 今週発表された中国の第1・四半期の国内総生産(GDP)伸び率は、前年同期比で7.0%と、6年ぶりの低成長となった。これは、世界第2位の経済大国に期待されている数字としてはいささか物足りない。

 4月16日、西側の民主主義が行き詰まり、ほぼあらゆるところで無関心や敵対心を向けられる中、中国の権威主義がそれに取って代わるという考えが頭をもたげている。写真は3月、人民大会堂で演説する習主席(2015年 ロイター/Jason Lee)

同国の輸出はさらに急減速している。その理由として、1つには景気が停滞する欧州への輸出が減っていることがある。また、中国の国内消費が増加していることも要因の1つだろう。今では個人消費がGDPに占める割合は輸出より大きくなっている。

これは中国が進める計画の一環だと言える。先月に北京で開催された中国発展ハイレベルフォーラムに出席した張高麗副首相は、かつての成長モデルは「資本投入やエネルギー消費が大きく、外需に過度に依存しており、もはや持続不可能だ」と語った。同副首相は中国共産党の中央政治局常務委員であり、同国指導部の立場から発言している。

過去30年にわたって中国が目覚ましい発展を遂げた主な理由は、共産党支配を維持しつつ、独自の資本主義化を進めたことだ。習近平国家主席の権力が、故毛沢東主席後の他の指導者の誰よりも強いことは、同党の強大さを示す証左と言える。

だが、今後生じ得る不動産バブルや債務過剰といった経済問題に対し、中国が過去の悪しき資本主義的なスランプに陥ることなしに対処できるのか、習主席を含め誰1人として分かる人はいない。習氏に分かっているのは、これは同氏による支配の特徴となりつつあるのだが、中国は同氏なりのやり方で対処していくということだ。つまりそれは、西側のやり方ではないことを意味する。

習主席は新たな段階、人民が信じるべきだと同主席が考える「中国の夢」を推し進めている。それは中華民族の偉大な復興を実現することであり、中国独自の社会主義、現在の政治システム、中国が従っている道という3つに対する「信頼」に基づいている。だが、これらはすべて言い方こそ違うが、中国共産党を意味するように思える。

中国は驚くべき成長を遂げており、習主席は自信を持って中国の夢をうたうことができる。同主席を支持する評論家(つまり、ほぼ全員だが)は、ニューヨーク・タイムズ紙でコラムニストを務めるトーマス・フリードマン氏の2008年のコラムをこよなく引用したがる。同コラムの中でフリードマン氏は、「中国の裕福な地域、北京や上海や大連の現代的な一面は今や、米国よりも最先端をいっている。建物は建築学的により興味深く、ワイヤレス通信網も進んでおり、交通も効率的だ。彼らはこうしたすべてを石油を発掘して得たのではない。自分たちの内面から掘り起こしたのだ」と述べている。

中国の近代化のスケールとスピードは、西側に畏敬の念を抱かせ、恐れさせているだけではない。西側の民主主義が行き詰まり、ほぼあらゆるところで無関心や敵対心を向けられる中、中国の権威主義がそれに代わるようになるという考えが頭をもたげている。

中国が抱く新たな自信については、評論家のエリック・X・リー氏が最も如実に表現している。2012年の習氏の共産党総書記就任について、「いつの日か、民主主義が正当で効果的な唯一の政治的ガバナンスの形態だという考えが終わりを迎えた日としてみなされるかもしれない。中国の政治モデルが、民主主義に取って代わられることはあり得ない。なぜなら、民主主義と違って中国の政治モデルは普遍的なふりはせず、輸出されることも不可能だからだ。だが、その成功が確かに示しているのは、政治的ガバナンスの形態の多くは、その国の文化と歴史に調和するならば、うまく機能するということだ」と同氏は述べている。

一方、西側の考え方では、政権の選択や個人の自由、法の支配や強い市民社会などは、ひどい貧困から抜け出して視野が広がれば、すべての人が望む普遍的価値だとみなされている。故に、民主主義は単に西側だけでなく、人類共通の価値だというのだ。

中国は現在、世界で最も強力な国々から長い間支持されてきたこのような見方の試験台となっている。中国の著名な識者である張維為氏が言うように、「世界は今、西側が富と思想の両方で頂点に立っているタテの世界秩序から、特に中国に代表される国々が西側と肩を並べるヨコの秩序へと移行する変化の波を目の当たりにしている」のだ。

ヨコの秩序は、より均等な機会を意味する。そこでの競争は西側の予想通り、過酷なものとなるだろう。

*本コラムは筆者の個人的見解に基づいて書かれています。

*このドキュメントにおけるニュース、取引価格、データ及びその他の情報などのコンテンツはあくまでも利用者の個人使用のみのためにロイターのコラムニストによって提供されているものであって、商用目的のために提供されているものではありません。このドキュメントの当コンテンツは、投資活動を勧誘又は誘引するものではなく、また当コンテンツを取引又は売買を行う際の意思決定の目的で使用することは適切ではありません。当コンテンツは投資助言となる投資、税金、法律等のいかなる助言も提供せず、また、特定の金融の個別銘柄、金融投資あるいは金融商品に関するいかなる勧告もしません。このドキュメントの使用は、資格のある投資専門家の投資助言に取って代わるものではありません。ロイターはコンテンツの信頼性を確保するよう合理的な努力をしていますが、コラムニストによって提供されたいかなる見解又は意見は当該コラムニスト自身の見解や分析であって、ロイターの見解、分析ではありません。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below