for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国独禁当局、滴滴やアリババに罰金 M&Aを報告せず

 7月7日、中国独禁当局は、配車サービス最大手の滴滴出行(ディディ)や電子商取引大手アリババなどのインターネットプラットフォーム企業に罰金を科したと発表した。写真はディディの本社。北京で5日撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

[北京 7日 ロイター] - 中国の独禁当局は7日、配車サービス最大手の滴滴出行(ディディ)や電子商取引大手アリババなどのインターネットプラットフォーム企業に罰金を科したと発表した。過去のM&A(合併・買収)で当局の承認を得ておらず独占禁止法に抵触すると指摘した。

国家市場監督管理総局(SAMR)の声明によると、22件の案件が承認を得ていなかったとして、1件につき50万元の罰金を科した。

8件は滴滴の関連会社がかかわっている。2018年に自動車メーカーの第一汽車集団(FAW) と合弁会社を設立した際には、新会社の登録前に当局に報告し独占禁止の審査を受けるべきだったとしている。

罰金を受けたのはほかにネットサービス大手の騰訊控股(テンセント)、食品デリバリー大手、美団傘下の北京三快科技、インターネット小売りの蘇寧易購(スニン・コム)など。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up