June 1, 2015 / 5:43 AM / 4 years ago

中国がネット検閲の周知強化、各都市でSNSアカウント開設

[北京 1日 ロイター] - 中国の公安当局は、インターネット上の検閲活動を一般に周知するため、6月1日からソーシャルメディア(SNS)のアカウントを開設すると発表した。

中国政府はインターネットの検閲を強化しており、中国共産党の一党支配や社会の安定を脅かすとみなす多数のサイトへのアクセスを遮断してきた。こうしたサイトには、ユーチューブやインスタグラム、フェイスブックのほか、グーグルの検索サービスなども含まれる。

5月31日に公安部が明らかにしたところによると、北京や上海などの大都市や徐州など50の地域で、警察当局がSNSの微博(Weibo)などにアカウントを開設する。

今回の措置は、オンラインギャンブルやポルノなどへの市民らの懸念に対応するもので、ネット上での当局の存在感を増すことが目的だという。

公安部は年初以来、「違法かつ犯罪に当たる情報」75万8000件をネット上から削除し、7万件を超えるサイバー犯罪事件を捜査しているとしている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below