for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、40件以上のIPO停止 仲介業者への調査で

[上海 23日 ロイター] - 中国の証券取引所は上海と深センでの40件以上の新規株式公開(IPO)を停止した。中国証券監督管理委員会(CSRC)がIPOの仲介業者に対する調査を進める中での動きとなった。

上場申請書類によると、深セン証券取引所は18日に、中国電気自動車(EV)メーカーのBYD(比亜迪)を含む30件以上のIPOを停止した。上海証券取引所は19日以来、新興ハイテク企業向け市場「科創板」への8件の上場を停止した。

証券取引所は上場停止の理由として、CSRCが北京を拠点とする天元律師事務所や華竜証券、開元資産評估などの仲介業者を調査していることを挙げた。

中国メディアが最初に報じた。

中国がテクノロジーや教育などの部門に対する規制を強化する中、IPOへの厳しい調査が入ることとなった。 中国政府は23日、会計関連の偽造への対策として会計事務所への監督を強化すると述べた。いかなる不正行為も許さないと宣言した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up