December 22, 2019 / 10:12 PM / a month ago

中国、一部の日本産牛肉の輸入解禁 約20年ぶり

 12月22日、中国税関総署は、一部の日本産牛肉の輸入を解禁すると明らかにした。仙台で2017年撮影(2019年 ロイター/Issei Kato)

[北京 22日 ロイター] - 中国税関総署は、一部の日本産牛肉の輸入を解禁すると明らかにした。日本でのBSE(牛海綿状脳症)発生に伴い、中国は2001年から日本産牛肉の輸入を禁止してきたことから、約20年ぶりの解禁となる。

対象となるのは月齢30カ月以下の牛の骨なし肉。

税関総署と農業農村省は19日付の通知で、リスク評価を実施した結果、一部の日本産牛肉の輸入解禁を決定したと明らかにした。検査・検疫の要件については別途決定するとした。

税関総署と農業農村省は19日付の別の通知で、一部の日本産豚肉の輸入を認めることも明らかにした。

中国ではアフリカ豚コレラのまん延により深刻な肉不足が生じ、豚肉価格は記録的な水準に上昇している。

*22日に配信した記事本文中の表記を一部修正し、再送しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below