Reuters logo
中国の対外投資、上期は45.8%減 資本流出規制が影響
2017年7月13日 / 03:06 / 4ヶ月後

中国の対外投資、上期は45.8%減 資本流出規制が影響

[北京 13日 ロイター] - 中国商務省によると、1─6月の中国の対外直接投資(ODI)は、金融を除くベースで、前年比45.8%減の481億9000万ドルとなった。

 7月13日、中国商務省によると、1─6月の中国の対外直接投資(ODI)は、金融を除くベースで、前年比45.8%減の481億9000万ドルとなった。写真は人民元紙幣、2013年11月撮影(2017年 ロイター/Jason Lee)

資本流出規制が背景。中国当局は、人民元安の進行を受けて、昨年末以降、国外への資金流出を抑制している。

商務省は「理不尽な対外投資が効果的に抑制された」と表明。不動産、ホテル、映画館、娯楽分野への対外投資が、軒並み大幅に減少したことを明らかにした。

1─6月の海外不動産への投資は、前年同期比82.1%減。対外投資全体のわずか2%にとどまったという。

6月単月のODIは11.3%減の136億ドルだった。

同省は、国内経済の回復と対外貿易環境の不安定化も、対外投資急減の原因となったと指摘。「一部の国が、海外資本による市場アクセスを厳格化した」と表明した。

1─6月の中国への海外直接投資(FDI)は前年同期比0.1%減の4415億4000万元(650億7000万ドル)だった。

6月単月のFDIは、前年比2.3%増の1004億5000万元。

*内容を追加しました。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below