Reuters logo
ブログ:継承者不在に悩む中国のカンフー達人
2016年10月4日 / 08:21 / 1年後

ブログ:継承者不在に悩む中国のカンフー達人

[北京 16日 ロイター] - カンフーの達人、李連貴さんは過去50年間、目から涙が出るような姿勢に自らの全身を折り曲げつつ、比較的マイナーでそれほど人気も高くない中国武術の1つに取り組んできた。

 9月16日、カンフーの達人、李連貴さんは過去50年間、目から涙が出るような姿勢に自らの全身を折り曲げつつ、比較的マイナーでそれほど人気も高くない中国武術の1つに取り組んできた。写真は北京の公園で「縮骨法」の鍛錬に励む李さん。6月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

70歳になる李さんは、「縮骨法」と呼ばれる全身を縮めるカンフーの達人だ。この武術では骨を動かすことで、あり得ないポーズを取ったり、離れ技をやってのけたりする。

北京で7月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

北京で7月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

長くて薄い白髭を伸ばした細身の李さんは、このカンフーの知名度を高めるため、世界各地を旅してきた。アラブ首長国連邦(UAE)の王家の前で演技を披露したり、国内テレビに出演したこともある。

北京で7月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

北京で7月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

しかし、期待したほどの成果はなかったという。

「私がいなくなれば、すぐに、この武術も完全に消えてしまう。誰も他にやろうとしない。それは本当に残念だ。大変な損失だ」と、李さんはロイターに語った。

「これを継承し、海外で宣伝もしてきた。しかし、壁の内側に花が咲いても、その香りは外でしか楽しめない」。海外でしか評価されないとの意味を持つ表現を用いて、李さんはそう説明した。

1973年に死去した米国生まれ香港育ちの俳優ブルース・リーが主演した映画作品によって、世界中で人気を集めたカンフーだが、何百もの異なった格闘スタイルが存在している。

その1つ、武術太極拳は、国際オリンピック委員会が承認した競技だが、2020年の東京五輪では正式種目として採用されなかった。

その競技人口が分からないという不安はあるものの、李さんは「縮骨法」が一番の競技だと信じている。

北京で6月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

北京で6月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

 
「縮骨法は、ほとんどあらゆるものを取り込んでいる。健康を増進する最も包括的な中国伝統武術だ」と語る。「投げ技や打ちこみ、蹴り、組み手を含んでおり、大変完成されている。もし(次の世代に)継承できれば最高だ。しかし誰が継承してくれるというのか」

李さんにとって、カンフーは人生だ。他の多くの人々には、それは自己防衛の技だったり、健康を維持する運動だったりする。

10年の習得期間を経て、北京郊外で武術学校を開設した少林拳の達人Xing Xiさんは、以前の世代にあった責任感が、今の若者に欠けていると感じている。

「カンフーの潜在能力を持った非常に多くの若者がいる。しかし、必要なのは腰を据えて取り組む人だ。そうすることで、カンフーがただの趣味から、自分の身体の一部、そして人生の一部となるほど深く傾倒することができる」

北京で6月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

北京で6月撮影(2016年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

(写真:Kim Kyung-Hoon記者 文責:Natalie Thomas)

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below