for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国人民銀、最優遇貸出金利を据え置き 予想通り

中国人民銀行(中央銀行)は20日、銀行貸出金利の指標となる最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)を市場の予想通り据え置いた。写真は2020年3月、江蘇州泰州市で撮影(2022年 人民日報)

[上海 20日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は20日、銀行貸出金利の指標となる最優遇貸出金利(ローンプライムレート、LPR)を市場の予想通り据え置いた。最近の急速な人民元安を受け、当局は足元の金融緩和を見送ったようだ。

1年物LPRは3.65%、5年物LPRは4.30%。

今週実施されたロイター調査では回答者28人中21人が両方の据え置きを予想していた。

先週、中国人民銀は中期貸出制度(MLF)金利を据え置く一方、銀行システムから流動性を一部吸収した。

アナリストによると、政策立案者は減速する経済を下支える一方で、新たな経済リスクを生み出さないよう慎重にバランスを取っている。

中国の新規・既存融資は主に1年物LPRに基づいており、5年物LPRは住宅ローン金利に影響する。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up