March 19, 2018 / 3:59 AM / 6 months ago

中国、習主席側近の劉氏を副首相に選出 人民銀総裁に易副総裁昇格

[北京 19日 ロイター] - 中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は19日、国務院(政府)の副首相に習近平国家主席の経済ブレーン、劉鶴氏を選出した。また、中国人民銀行(中央銀行)総裁には易綱副総裁を昇格させる人事を承認した。

 3月19日、中国の全国人民代表大会(全人代、国会に相当)は、国務院(政府)の副首相に習近平国家主席の経済ブレーン、劉鶴氏(写真)を選出した。写真は北京で撮影(2018年 ロイター/Jason Lee)

政府は銀行と保険の監督機関を統合し、人民銀を含む政策決定機関の権限を拡大するとともに、新たな省も導入するなど、ここ数年で最大規模の機構改革を進めている。

劉氏は金融安定発展委員会(FSDC)トップとして、金融リスクの回避に向け、規制当局間の協力強化や監督の改善に取り組むとみられる。

1998年から2003年まで首相を務めた朱鎔基氏と同様の役割を担う可能性がある。朱氏は1993年から95年まで副首相と人民銀総裁を兼任し、ハイパーインフレと経済の混乱に強い姿勢で臨んだ。

劉氏(66)は習主席の信認が厚く、経済問題に精通。中央政界で脚光を浴びるようになった。同氏は昨年10月に25人の政治局委員の一人に選ばれた。習氏が推し進める供給面の改革の立案者とみられている。

1995年に米ハーバード大学の公共政策大学院ケネディスクールで修士号を取得。流ちょうな英語を操る。

同氏はこれまで、党中央財経指導小組弁公室主任と国家発展改革委員会(NDRC)の副主任を務めてきた。

人民銀総裁に昇格した易副総裁(60)は2008年から同職を務めてきた。15年の人民元切り下げを含む金融・通貨政策で主要な役割を担ってきたと考えられている。また、同氏の総裁就任により政策の継続性が確保されるとみられる。

易氏は記者団に「穏健な金融政策を実施し、金融部門の改革と開放を進め、同部門の安定を保つことが現在の主要な課題だ」と述べた。

ただ、一部のエコノミストによると、易氏は周小川総裁ほど影響力が大きくないと考えられており、劉氏が経済・金融部門全体を監督するなか、補佐的役割に回る可能性がある。

OCBC銀行(シンガポール)のエコノミスト、トミー・シエ氏は「率直に言って、(易氏の指名は)やや想定外だった。共産党中央委員会の委員候補として比較的低い地位にあるからだ」と指摘。

「影響について言えば、易氏は劉鶴氏が経済改革を主導するのをサポートする見通しのため、政策の継続性を見込む。両氏ともにここ数年間の改革をけん引してきた」と分析した。

易氏も米国留学組で、イリノイ大学で経済学の博士号を取得している。2009年から16年まで中国国家外為管理局(SAFE)の局長を務めた。

OCBCのシエ氏は、易氏の経歴と改革派としての評判を踏まえれば、同氏の総裁昇格は外為市場に良いニュースとの見方を示した。

全人代はまた、新財政相に劉昆・全人代予算工作委員会主任を選出。肖捷氏の後任となる。*内容を追加しました。

鍾山商務相と国家発展改革委員会主任の何立峰氏は再任した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below