April 13, 2015 / 3:02 AM / 5 years ago

中国貿易統計、3月輸出は‐15%で予想以上の減少 元高が影響

[北京 13日 ロイター] - 中国税関当局が発表した3月の輸出は前年同月比15%減と、市場予想の12%増に反し、大幅なマイナスとなった。減速する中国経済への懸念が強まりそうだ。

 4月13日、中国税関当局が発表した3月の輸出は人民元建てで前年比14.6%減少した。浙江省寧波の港湾施設で1月撮影(2015年 ロイター/William Hong)

人民元の上昇が一因で、欧州連合(EU)向けは19.1%減、日本向けは24.8%減となった。

内需の弱さを反映し、輸入も同12.7%減少した。市場予想は11.7%減だった。

華宝信託の(上海)のストラテジスト、ニー・ウェン氏は「輸出の落ち込みは主に海外需要の弱さが要因だ」と指摘。「今後、追加緩和策が必要になる」との見方を示した。

貿易収支は30億8000万ドルの黒字で、黒字幅は市場予想の454億ドルを大幅に下回った。

貿易セクターのさえない状況は労働市場に打撃を与えかねない。景気が減速するなか、これまでのところ労働市場はうまく持ちこたえているが、政府は失業増加によって社会的な不満が高まり、治安が悪化することを懸念している。

2014年の輸出と輸入を合わせた貿易の伸びは3.4%で、政府の通年目標である7.5%を下回った。これを受けて、政府は2015年の貿易伸び率予想を約6%に引き下げている。

RBS(香港)のエコノミスト、ルイス・クジス氏は輸出統計について「予想を大幅に下回る非常に弱い数字だ。世界経済と中国の競争力の双方に警鐘を鳴らすものだ」と述べた。

新華社によると、汪洋副首相は今月、景気の悪化を招かないよう、輸出の減速に歯止めをかける必要があると発言。地方政府は「優先的な政策支援」を通じて、輸出への民間投資を奨励すべきだと述べた。

第1・四半期では輸出は前年比4.7%増。前年は3.4%減だった。一方輸入は17.6%減、前年は1.6%増だった。

アナリストによると、内訳からみて3月の輸出は元高が圧迫要因。

税関当局の報道官も、輸出業者が元高の影響を受けていると指摘。労働、資金調達、為替レートによるコストが「引き続き高水準で、伝統的な貿易の競争面での利点が低下している」と述べた。

同当局者によると、政府調査では輸出業者の56.2%が3月はコストが増加したと回答した。

コンファレンスボードのエコノミスト、アンドリュー・ポーク氏は「貿易黒字がかなり低い水準となったことで、この先人民元相場が軟化する可能性がある」と述べた。

*情報を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below