July 8, 2015 / 5:01 AM / 3 years ago

WRAPUP2-中国株に恐慌センチメント、小型株は売停で緊急避難 下支えに当局躍起

(内容を更新しました)

[上海 8日 ロイター] - 中国株の下げが止まらない。規制当局は相次いで株価下支え策を打ち出しているが、市場では「恐慌センチメント」が広がっており、底が見えない状況だ。

銘柄の売買停止が拡大するなか、中国人民銀行(中央銀行)は8日、株式市場の安定性確保に努める姿勢を示したうえで、システミックな金融リスクを回避する、と表明した。

上海と深センの大型株で構成されるCSI300指数 は264.965ポイント(6.75%)安の3663.038でこの日の取引を終えた。上海総合指数 の終値は219.9325ポイント(5.90%)安の3507.1923。

中国株式市場では6月中旬以降で時価総額の3割強が失われた。投資家の一部では、株安が中国の実体経済を不安定化させるとの懸念が出ており、ユーロ圏危機よりもリスクが大きいとみる向きもある。

バンク・オブ・アメリカ・メリルリンチのアナリストはノートで「調整の波及効果はまだ表れていない」と指摘。「われわれは成長の減速、企業業績の悪化、金融危機リスクの高まりを見込んでいる」とした。

中国株式市場の上海、深セン取引所に上場している500社以上の企業が、8日の売買停止を発表した。

これにより、売買が停止となったのは合わせて約1300社に上った。中国株式市場のおよそ45%が売停という異例の事態に発展した。

小型株の多くが売停で緊急避難したことを受け、深セン証券取引所の新興企業向け市場の値動きを示す創業板(チャイネクスト)指数 はこの日、0.8%安にとどまった。

東北証券のアナリスト、杜長春氏は「当初は多くの投資家が優良銘柄を保有しようとしていたが、小型株の売買停止が相次いだため、リスクエクスポージャーを減らす唯一の手段は優良銘柄を売ることになった」と述べた。

新たな株価下支え措置は8日も発表されたが、目に見える効果はなかった。

信用取引向け融資を手掛ける中国国営の中国証券金融は、株式市場の狼狽売りの状況を緩和するため、証券会社に十分な流動性を供給する。中国証券監督管理委員会(証監会)が明らかにした。

証監会のトウ舸報道官は公式ブログの中で、株式市場では「非理性的な売り」が大幅に増加していると指摘した。

中国保険監督管理委員会(保監会)は、保険会社の優良株への投資上限を引き上げたと表明。保険会社は、優良株1銘柄に対し従来は総資産の5%まで投資が認められていたが、保監会はこれを10%まで引き上げた。

また、一定の資格を満たした保険会社に対して、優良株の購入を通じ株式資産の比率を30%から40%に引き上げることを認める。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below