Reuters logo
情報BOX:5日開幕の中国全人代、経済成長の維持などが焦点
2017年3月3日 / 02:24 / 9ヶ月後

情報BOX:5日開幕の中国全人代、経済成長の維持などが焦点

[3日 ロイター] - 中国は5日から全国人民代表大会(全人代、国会に相当)を北京で開幕する。総勢3000人弱の代表が一堂に会して約10日間の日程で開かれる。ポイントをまとめた。

 3月3日、中国は5日から全国人民代表大会(全人代、国会に相当)を北京で開幕する。総勢3000人弱の代表が一堂に会して約10日間の日程で開かれる。ポイントをまとめた。写真は北京で2日撮影(2017年 ロイター/Thomas Peter)

<議題>

中国の今年の最優先課題は借り入れへの依存度を低下させるための取り組み。全人代の議題や経済成長率目標などの発表について詳細は伏せられているが、政府筋や国営メディア、専門家などが全人代で話し合われる可能性があるとした項目は以下の通り。

李克強首相は初日の5日に施政方針演説に相当する政府活動報告を発表し、経済目標を示すとみられる。このうち、国内総生産(GDP)伸び率目標は昨年の6.5─7%から6.5%程度に引き下げられる見通し。16年の実際の成長率は6.7%だった。

レバレッジ解消や供給サイドの構造改革に伴う人員削減、米国の保護主義的政策から受ける脅威を前に経済成長を維持する取り組みも主要議題。

秋に開催が見込まれる5年に1度の共産党大会を控え、指導部はこれまで経済の安定を強調してきた。

初日には国防予算も発表される。景気低迷下でも前年に続き大幅増が打ち出されると見込まれている。

ただ、今年は、全人代よりも最高指導部が入れ替わる共産党大会の重要性が高い。全人代の舞台裏では人事を巡る攻防があるとみられる。

<機能>

全人代は主要法案や予算、人事案を審議するために毎年3月に開催。概して共産党の政策や決定を形式的に承認する場と考えられているが、環境汚染など特定の問題については活発な議論が行われることがある。

<構成>

共産党の序列3位である張徳江氏が全人代常務委員長を務める。全国31の省・直轄市・自治区および香港、マカオ、軍が選出した代表は3000人弱に上る。台湾の代表も出席する。

<投票>

議案はほぼ毎回党の方針に沿って圧倒的多数で可決されるが、過去には腐敗や犯罪といった問題で代表が党の方針に従わなかったこともある。18歳以上の市民は代表を選出、あるいは代表に選出されることが技術的に可能だが、ほとんどの代表は地方の当局者に抜てきされている。

<両会>

天安門広場の西端にある人民大会堂が議事堂となる。国政助言機関の中国人民政治協商会議(政協)も開催。全人代と併せ「両会」と呼ばれる。政治協商会議は共産党員だけでなく、実業界著名人や芸術家、修道憎なども名を連ねる。ただ、立法権はない。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below