for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

米モーニングスター、中国で数百人規模の人員削減 戦略見直し

[香港 13日 ロイター] - 金融サービスの米モーニングスターは13日、中国の事業拠点である深センで従業員を削減・異動させ、一部業務を他国に移すと明らかにした。現地で働く約1000人のうち数百人が対象という。

中国は個人情報データやサイバーセキュリティー関連の規制を強化しており、中国で事業展開するグローバル企業は対応に苦慮している。

同社の広報担当者は、数カ月以内に一部スタッフをムンバイやトロント、マドリード、シカゴに異動させると述べた。その多くは「グローバル事業運営を支援する」業務に携わっているという。

中国事業の戦略的転換は、国内市場に集中するためと説明。中国関連チームは人員削減の影響を受けないという。

「中国市場の成長のために新たな戦略を策定中」としているが、詳細は明らかにしていない。

モーニングスターは20年前に中国に進出した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up