Reuters logo
下期の中国経済は楽観視、株式市場を注視=国家発展改革委
July 28, 2015 / 2:44 AM / 2 years ago

下期の中国経済は楽観視、株式市場を注視=国家発展改革委

[北京 28日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(NDRC)の李樸民秘書長は28日、2015年下期の中国経済を楽観視しているものの、株式市場の動きを注視していると述べた。

 7月28日、中国国家発展改革委員会(NDRC)は、中国経済は依然として、下振れ圧力に直面している、との認識を明らかにした。北京で6月撮影(2015年 ロイター/Jason Lee)

李樸民秘書長は記者会見で、上半期に経済状況は改善し、見通しは明るくなったものの、成長の勢いはまだ「十分でない」と指摘。「一部の企業は事業面での問題に直面している。歳入の伸びと労働市場は比較的大きな圧力を受けている」との認識を示した。

さらに「資本の流れが実体経済にうまく行き渡らないという問題もある」と語った。

政策当局者は中国株式市場の動きを注視しているとし、最近の変動は「異常だ」との考えを示した。

その上で「中国経済のファンダメンタルズは安定しつつあり、改善に向かっている。株式市場を含め健全な資本市場の発展を維持するための基盤があり、必要な手段も持ち合わせている」と述べた。

インフレ見通しについては、豚肉価格が安定していることから、消費者物価指数(CPI)は下半期に小幅上昇すると見込んでいる、と語った。

*内容を追加します。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below