for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の新築住宅価格、3月は前月比+0.5% 7カ月ぶりの高い伸び

[北京 16日 ロイター] - 中国国家統計局が発表したデータに基づきロイターが算出した3月の主要70都市の新築住宅平均価格は前月比0.5%上昇と、上昇率が2月の0.4%から加速し、昨年8月以来7カ月ぶりの大きさとなった。政府の抑制策にかかわらず、不動産市場の過熱は続いている。

 中国国家統計局が発表したデータに基づきロイターが算出した3月の主要70都市の新築住宅平均価格は前月比0.5%上昇と、上昇率が2月の0.4%から加速し、昨年8月以来7カ月ぶりの大きさとなった。写真は昨年10月、北京の住宅建設現場で撮影(2021年 ロイター/Tingshu Wang)

前年比では4.6%上昇。2月は4.3%上昇だった。

住宅価格が前月比で上昇したのは62都市。2月の56都市から増加した。

値上がりが目立ったのは2級都市で、住宅価格は平均で前月比0.5%上昇した。

上海や深センなどの大都市は人口の流入や不動産投機の横行を受け、今年の早い段階で厳格な規制を導入したため、住宅需要は他の一部の中小都市に波及している。

1級の4都市は中古住宅価格の上昇への寄与度が最も大きかった。

不動産仲介大手、中原地産(センタライン)の首席アナリスト、Zhang Dawei氏によると、3月の住宅価格は70都市の86%で上昇しており、過去最高の割合だった。

同氏は「2020年終盤以降の過熱の主因は融資方針で、不動産市場における企業向け融資の悪用が特にそうだ」と述べた。

これとは別に国家統計局が発表した1─3月の不動産投資は、前年同期比25.6%増加した。新型コロナウイルス流行前の2019年1─3月と比べても15.9%増えた。

*内容を追加し、カテゴリーを広げました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up