for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の新築住宅価格と不動産投資、6月は伸び鈍化

中国国家統計局が15日発表したデータに基づきロイターが算出した6月の主要70都市の新築住宅平均価格は前月比0.5%上昇と、伸び率は前月の0.6%からやや鈍化した。写真は中国河北省に建設された巨大なマンション群。今年3月19日に撮影。(2021年 ロイター/Lusha Zhang)

[北京 15日 ロイター] - 中国国家統計局が15日発表したデータに基づきロイターが算出した6月の主要70都市の新築住宅平均価格は前月比0.5%上昇と、伸び率は前月の0.6%からやや鈍化した。政府の価格抑制策の効果が継続している。

上昇率は4月以降で最低。上昇率が前月比で鈍化したのは昨年11月以降で初めて。

前年比では4.7%上昇。5月の4.9%から伸びが鈍化した。

Eーハウスの研究開発部門の幹部は、信用状況の引き締まりと既存の規制が住宅価格の上昇を抑える要因になっていると指摘した。

6月の不動産投資も、今年最低の伸びを記録。政府が、不動産開発業者向けの融資を引き締めていることが背景。

貝殼研究院のアナリストは「住宅価格の伸びは今後鈍化する見通しだ。足元の信用引き締めに加え、住宅の転売価格を監視する都市が増える可能性がある」と述べた。

中国の不動産価格は年初から急騰し、政府は過熱を抑える措置を相次いで打ち出してきた。これまでに、不動産開発業者の債務規制、銀行の不動産関連融資の制限や住宅ローン金利引き上げの誘導などの対策が講じられた。ただ、経済成長のエンジンの1つである不動産部門にマイナス効果が表れつつある。

それでも、中国銀行保険監督管理委員会の郭樹清主席は先月、国内の不動産バブルはなお深刻との警告を発した。

国家統計局のデータによると、前月比で住宅価格が上昇した都市の数は55となり、5月の62から減少した。1月以降で最低となった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up