May 11, 2018 / 11:17 AM / 2 months ago

中国の新規融資、4月は増加 シャドー貸出は減少

[北京 11日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)の発表によると、4月の新規人民元建て融資は1兆1800億元(1863億7000万ドル)だった。3月から増加し、アナリスト予想を上回った。

予想は1兆1000億元、3月は1兆1200億元だった。

キャピタル・エコノミクスのジュリアン・エバンズ・プリチャード氏は「規制当局による継続的な取り締りと過去の金融引き締めが引き続き融資の伸びを抑制している。足元では政策スタンスが変化している兆しがある」と指摘。「政策当局は内需支援策を検討し、人民銀は年初から市場金利を低下させているが、金融緩和によって融資の伸びが変化するには数四半期かかるだろう」と述べた。

1─4月の融資は6兆0400億元で、前年同期比13.5%増。

ただキャピタル・エコノミクスが公表しているより調整後の総信用の伸びを示す指標は4月に12.1%増へとやや鈍化。伸び率は2006年以来の低水準だった。

エバンズ・プリチャード氏は「融資の伸びは一段と鈍化する見通しで、年内の経済活動の重しになる可能性がある」とした。

去年の新規融資は過去最高の13兆5300億元で、前年比7%増だった。

4月の統計では、企業の個人の融資需要が比較的堅調な状況が示された。

4月の企業向け融資は5726億元で、3月の5653億元から増加した。

住宅ローンが大半を占める家計の融資は5284億元で、3月の5800億元から減少。

家計の融資は新規融資全体の44.8%を占めた。3月は52%だった。

4月のマネーサプライM2伸び率は前年比8.3%。3月の8.2%からやや加速したが、予想の8.5%は下回った。

4月末時点の人民元建て融資残高は前年比12.7%増で予想と一致した。3月末時点は12.8%増。

4月の社会融資総量は1兆5600億元(2463億8000万ドル)で、3月の1兆3300億元から増加した。

4月末時点では前年比10.5%増の181兆4100億元。

ロイターの試算によると、シャドーバンキング(影の銀行)資金供与であるトラストローンは120億元減少した。

社会融資総量は、通常の銀行貸出システム外のオフバランス融資を含み、シャドーバンキングの動きを示す目安とされている。

*情報を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below