for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国とNZ、FTAを強化する協定に署名 農産物貿易に追い風

[ウェリントン 26日 ロイター] - 中国とニュージーランドは26日、既存の自由貿易協定(FTA)を強化する協定に署名した。中国はニュージーランド産の農産物などに市場を一段と開放する。

ニュージーランドのアーダーン首相は26日の記者会見で協定の調印を確認し、世界的な新型コロナウイルスの流行と経済危機の中でFTAを強化したことの重要性を強調した。

両国間のFTA強化については数年間にわたって協議が行われ、2019年11月に合意していた。中国が正式に国内手続きを終えたことで署名に至った。

ニュージーランドのオコナー貿易相と中国の王文濤商務相が「バーチャル署名式」に出席した。

ニュージーランド政府は今回の協定について、中国との既存のFTAを新しくし、今後10年間も目標に沿うようにするものと指摘した。中国向けの輸出が容易になり、規制順守のための費用が年間数百万ドル減少するとみられている。

オコナー氏は声明で、約30億ニュージーランドドル(21億6000万米ドル)規模の中国向け紙・木材輸出は99%以上関税が撤廃されると説明した。

協定は、水産業や林業など一次産業の輸出業者に利益をもたらす。乳製品については既存の条件が維持され、ほとんどの製品は1年以内、粉ミルクは3年以内にすべてのセーフガード関税が撤廃される。

オコナー氏は「これにより、2024年1月1日までに中国向けの乳製品輸出はすべて無関税となる」と指摘した。

ニュージーランドは2008年に先進国としては初めて中国とFTAを結んだ。中国は現在、ニュージーランドの最大の貿易相手国で、年間の双方向の貿易額は320億ニュージーランドドル(215億8000万米ドル)以上となっている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up