July 16, 2014 / 10:58 AM / 5 years ago

中国が公用車の使用を段階的に廃止へ、汚職取り締まりの一環

[北京 16日 ロイター] - 中国は、緊急時や法執行を目的とする場合以外の公用車の使用を来年末までに段階的に廃止する。国営新華社が伝えた。汚職や公費無駄遣いの取り締まりを強化する。

新華社はリポートで、「中国では一定の地位にある公務員は通常、仕事のために運転手や自動車を与えられている。しかし、多くは私的に自動車を利用しており、これが巨額な公費の無駄遣いと世間の不満を引き起こしている」とした。政府は公用車の代わりに、公務員が交通手段を選べるように適切な補助金を支給するという。

ただ、「特別な奉仕」は例外的な扱いとなるとしており、習近平国家主席や閣僚には公用車廃止の措置は当てはまらないとみられる。

新華社は、今回の措置で影響を受ける運転手などのスタッフは適切に配置転換され、必要のない自動車は売却される伝えた。

一方、共産党で汚職調査を担当する中央規律検査委員会(中央規委)は声明で、西寧市党委員会の毛小兵・元書記と昆明市党委員会の張田欣・元書記に「重大な規律上の問題」があると公表。

中央規委によると、毛氏は今後検察当局に身柄を引き渡され、起訴される。共産党は、張氏が地位を悪用し、職務怠慢で国に損失を与えたとしているが、起訴されるかは明らかにしていない。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below