Reuters logo
香港の人民元預金残高、9月終盤は前月から約1%減
October 3, 2016 / 3:47 PM / a year ago

香港の人民元預金残高、9月終盤は前月から約1%減

[香港 3日 ロイター] - 人民元の最大のオフショア市場である香港における人民元の預金残高は3カ月連続で減少しており、この先数カ月間でさらに規模が縮小する見通しだ。香港金融管理局(HKMA)は3日、「9月第3週までの人民元預金残高は8月末と比べて約1%減った」とした。ロイターの問い合わせに対して電子メールで応じた。

HKMAは9月分の正式な統計を10月末に発表する。

HKMAが9月30日に発表した8月の人民元預金残高は前月比2.1%減の6529億元(978億9000万ドル)と、2013年2月以来の低水準だった。

HKMAは8月に残高が減少した理由として、人民元の運用実績の先行きに対する不安から一部の市場参加者が慎重姿勢をとったことや、投資家が人民元資産の持ち高を調整したことが理由だった可能性があるとした。ただ、香港の銀行システムにおいて人民元の流動性は依然安定的な形で管理されており、オフショアの人民元市場は正常な状態にあると付け加えた。

アナリストらは、人民元のオフショア市場が近いうちに拡大に転じるような明るい兆しはないと指摘。香港における人民元の預金残高は、年内は縮小し続けるだろうとの見方を示している。

人民元の預金残高が急速に減少していることに伴い、翌日物など短期の人民元金利は年内、ここ数週間みられたような大幅上昇にさらされやすい状況が続きそうだ。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below