for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の石油消費、2026年ごろピークに シノペック幹部が予想

 9月17日、中国国有の石油・ガス大手、中国石油化工(シノペック)の馬永生・董事長代行は、中国の石油消費は2026年前後に8億トン(日量約1600万バレル)でピークを迎えるとの見方を示した。写真はシノペックのLNG(液化天然ガス)ターミナル。2018年10月天津で撮影(2021年 ロイター)

[シンガポール 17日 ロイター] - 中国国有の石油・ガス大手、中国石油化工(シノペック)の馬永生・董事長代行は、中国の石油消費は2026年前後に8億トン(日量約1600万バレル)でピークを迎えるとの見方を示した。

16日に北京で開かれたセミナーで述べ、同社が17日に発言内容を確認した。天然ガスの消費は、2040年ごろに6200億立方メートルでピークを付けるという。

董事長代行は、天然ガスは2050年前後に中国の最大の化石燃料資源になると述べた。

調査会社ライスタッド・エナジーも4月に世界の石油需要が26年にピークを迎えると予想し、従来予想から時期を2年前倒しした。電気自動車(EV)の普及を主因として挙げた。

シノペックの馬氏は、石油はゆくゆくは燃料ではなく化学原料として主に使われることになると予想。

同社は石油精製・石油化学事業のグリーンな成長を「強力に推進」し、非効率でエネルギー集約型の生産能力を排除する方針だと説明した。

同氏は「われわれは石油から化学への移行を加速し、高品質な材料の生産を増やし、低炭素原料を増やし、生産サイクル全体のカーボンフットプリントを削減する」と述べた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up