Reuters logo
中国・香港間で債券相互取引の年内導入を検討=李克強首相
2017年3月15日 / 06:15 / 8ヶ月後

中国・香港間で債券相互取引の年内導入を検討=李克強首相

[北京 15日 ロイター] - 中国の李克強首相は15日、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)閉幕にあたって記者会見し、香港経済に対する支援策として、中国本土と香港をつなぐ債券市場の相互取引制度の年内導入を検討していることを明らかにした。

 3月15日、中国の李克強首相は、全国人民代表大会(全人代、国会に相当)閉幕にあたって記者会見し、香港経済に対する支援策として、中国本土と香港をつなぐ債券市場の相互取引制度の年内導入を検討していることを明らかにした(2017年 ロイター/Damir Sagolj)

中国本土と香港は「ストック・コネクト」を通じ、すでに株式市場の相互取引を実施している。これにより海外投資家は香港取引所を通じて中国A株への投資が可能となっているほか、中国本土の投資家も上海取引所や深セン取引所を通じて香港株を購入することができる。

中国政府は、同様のスキームを債券取引でも導入、資本市場を開放し、海外資金を呼び込みたい考えだ。

李首相は「海外投資家による中国債券の購入を認め、香港にも恩恵をもたらす債券相互取引制度の創設を今年初めて検討する」と指摘。同制度が導入されれば、「香港は国際的な金融センターとしての位置づけを保ち、香港の投資家に更なる投資チャネルを与えることになる」と述べた。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below