March 5, 2018 / 6:13 AM / 5 months ago

中国財政赤字、18年の対GDP比目標は2.6% 12年以来の改善

[北京 5日 ロイター] - 中国財政省は5日、2018年財政赤字の対国内総生産(GDP)比目標を前年から0.4ポイント縮小させ、2.6%にすると発表した。中国の投資銀行によると、財政赤字目標が改善するのは6年ぶりだという。

政府は金融リスクの統制に加え、世界金融危機後に無謀な借り入れが起きた経験を踏まえて地方政府の債務管理を強化する方針を表明している。

北京を拠点とする投資銀行の光大新鴻基はリポートで、「財政比率目標は2012年以来縮小しておらず、新たな目標は大方の予想より縮小幅が大きい」とし、今年は追加刺激策の導入はないとの見方が強まったと指摘した。

その一方で、「インフラ建設の伸びは抑制されるが、急減することはない。政府が国主導の投資をなくすことなく、赤字比率を縮小させることは可能だ」と指摘した。

ただ、財務省の年次予算報告によると、対GDP比の赤字目標は引き下げられたが、赤字額自体は2兆3800億元(3759億2000万ドル)で変わらない見通しだという。

同省は、財政赤字比率が「中国の安定した経済成長や健全な財政運営にふさわしく、長期的な開発やマクロ規制のスペースを広げる」と述べた。

政府歳入の伸びは昨年の7.4%から6.1%に鈍化する見通し。一方、歳出の伸びは昨年から0.1ポイント低下し、7.6%になると予想されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below