Reuters logo
中国のサーキットブレーカー、数年以内の再導入ない=証券委主席
2016年3月13日 / 22:27 / 2年後

中国のサーキットブレーカー、数年以内の再導入ない=証券委主席

[北京 12日 ロイター] - 中国の証券監督機関、中国証券監督管理委員会(CSRC)の劉士余主席は12日、相場が急変動した際に取引を止める「サーキットブレーカー」制度について、今後数年以内の再導入はないとの見方を示した。

 3月12日、中国証券監督管理委員会の劉士余主席(写真)は、相場が急変動した際に取引を止める「サーキットブレーカー」制度について、今後数年以内の再導入はないとの見方を示した。北京で撮影(2016年 ロイター/Jason Lee)

北京で記者団に対して述べた。中国は肖鋼・前CSRC主席の下、今年1月にサーキットブレーカー制度を導入した。しかし、中国株の急落を助長しているなどとの批判が高まり、数日で撤回に追い込まれた。

CSRC主席に先月任命されたばかりの劉主席は「重い責任を感じている」と述べた。今回が主席就任後で初の公的なコメントとなった。

新規株式公開(IPO)の登録制移行については、研究や実現性調査、技術的な準備、新ルール策定が必要で、時間がかかると述べた。

中国のIPO制度は現在は認可制をとっているが、市場を歪め役人の汚職の温床になっていると批判の声が強い。CSRCは2014年以来、行政判断が入り込む余地の小さい登録制への移行を議論している。

私たちの行動規範:トムソン・ロイター「信頼の原則」
0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below