May 19, 2020 / 2:06 AM / 17 days ago

中国国防費、今年も増額の公算 新型コロナによる景気悪化でも

[北京 18日 ロイター] - 中国政府は全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が22日に開幕するのに合わせ、今年の国防費を前年から拡大する方針を示す見通し。新型コロナウイルス流行が国内景気に暗い影を落とすが、米国による軍事圧力が増大しているとの認識の下、再び増額を決めるとみられる。

5月18日、中国政府は全国人民代表大会(全人代、国会に相当)が22日に開幕するのに合わせ、今年の国防費を前年から拡大する方針を示す見通し。北京で行われた軍事パレードで2019年10月撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

中国は昨年の予算で国防費を前年比7.5%増やした。通年の国内総生産(GDP)成長率は6.1%にとどまり、国防費の増加率を下回った。

昨年終盤に湖北省武漢市で新型コロナウイルスが発生し、感染が急速に拡大した影響で、今年第1・四半期のGDPは前年同期から6.8%落ち込んでおり、政府は経済の困難な状況が続いているとの見解を示してきた。

コロナ禍に見舞われる中でも、中国と米国の軍は南シナ海と台湾周辺で活動を継続してきた。

上海交通大学の謝岳・政治学教授は、国防費の伸び率が昨年を上回るか下回るかを予想するのは難しいが、増加するのは確実だと指摘。

「国家安全保障の観点から言えば、軍事を含む全ての側面で中国への圧力を強めている米国をはじめとする西側諸国に対し、中国は強いという印象を与える必要がある」と述べた。

新型コロナ流行で米中関係はさらに悪化している。トランプ政権は中国の感染拡大に関する情報開示の不備を批判し、中国の国家安全省は最近の内部報告書で、コロナ流行を受けて中国が直面する敵意の高まりは、米国との関係を武力衝突に発展させる可能性があると警告した。

北京師範大学の政府管理研究院院長、唐任伍氏は「政府が他の予算を削減することになっても、国防費だけは削減しないだろう」と述べた。

国防省はコメントの求めに応じていない。

中国が公表する国防費は大まかな額で、内訳はない。外交関係者や専門家は、実際の国防費は公表額を上回っていると考える。

中国が昨年3月の全人代で発表した国防費は1兆1900億元(1675億2000万ドル)で、米国の昨年の国防費(6860億ドル)の4分の1程度にとどまった。

中国共産党機関紙、人民日報系の環球時報の胡錫進編集長は18日、対話アプリ「微信(ウィーチャット)」への投稿で、国防費は増えると予想。「米国が耐え難い負担を理由に衝動的な行動を起こさないよう、中国は抑止力として一段の軍事力が必要だ」と論じた。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below