for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、抗がん剤薬価の引き下げを示唆

[上海 9日 ロイター] - 中国は患者の医療費削減計画の一環として、がんといった重大な病気に使用する医薬品の価格を引き下げる方針を示唆した。

国営新華社が9日、国家衛生計画出産委員会の李斌主任(閣僚級)の話として伝えたところによると、同委員会は5つの医薬品の価格引き下げに向けた試行プログラムで製薬会社と交渉を進めているという。

李主任は全国人民代表大会(全人代、国会に相当)の合間に「高価な特許薬問題の解決を中心に、人々の医薬品の必要性に対応した措置を取る」と述べた。

ドイツ銀行の2015年リポートによると、中国の抗がん剤市場ではスイスのロシュ が首位となっており、国内企業の斉魯製薬、江蘇恒瑞医薬 、吉林敖東薬業集団 、英アストラゼネカ が続いている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up