May 31, 2019 / 2:22 AM / 4 months ago

中国製造業PMI、5月は予想以上の景況悪化 輸出受注の不振で

[北京 31日 ロイター] - 中国国家統計局が発表した5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は景況拡大と悪化の分かれ目となる50を割り込み、市場予想も下回った。中国政府は景気刺激策の拡大を迫られる可能性がある。

 5月31日、中国国家統計局が発表した5月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は景況拡大と悪化の分かれ目となる50を割り込み、市場予想も下回った。写真はリチウム電池生産ラインで働く従業員。28日湖北省の工場で撮影(2019年 ロイター)

製造業PMIは49.4と、4月の50.1から低下。ロイターがまとめたアナリスト予想は49.9だった。

項目別にみると、生産は拡大ペースが鈍り、新規受注は4カ月ぶりに悪化に転じた。輸出受注のサブ指数は4月の49.2から46.5に急低下した。海外需要がさらに弱まっている可能性がある。 キャピタル・エコノミクスの中国担当上級エコノミスト、ジュリアン・エバンス・プリチャード氏は「輸出受注は特に急激に落ち込んだ。トランプ米大統領の直近の関税引き上げが既に海外需要を圧迫している可能性が示された」と指摘した。

PMIでは輸入受注のさらなる悪化も示された。政府が年初から景気支援策を相次いで打ち出したにもかかわらず、内需が縮小しているもよう。

トランプ米政権は今月に入って2000億ドル分の中国製品への関税を最大25%に引き上げ、中国も対抗措置を講じた。両国の関税合戦が世界経済の成長や貿易、企業投資の足かせとなる中、米政府は、中国通信機器大手・華為技術(ファーウェイ)[HWT.UL]に対する事実上の輸出禁止規制を導入し、貿易摩擦は一段と強まった。

先行き不透明感が強いため、大半のアナリストは一段の景気刺激策が必要と指摘する。一方、中国人民銀行(中央銀行)の高官は30日、比較的緩やかなマネーサプライの伸びで、経済活動を妥当なレンジ内に維持できるとの見方を示した。

同時に発表された5月の非製造業PMIは前月と変わらずの54.3で、節目の50を大きく上回る水準を維持した。

製造業とサービス業を合わせた総合PMIは53.3と、前月の53.4から低下した。

一部のエコノミストは、預金準備率の引き下げや財政出動など、一段の景気刺激策が必要だと指摘。中国物流・購買連合会(CFLP)のアナリスト、Zhang Liqun氏は、需要不足が「一段と顕著な問題」になっているとし、政府の介入が急務だとの見方を示した。

ただ中国人民銀行(中央銀行)の易綱総裁は、金融緩和余地が以前より縮小しているとの考えを示唆。エコノミストの間では、債務拡大のリスクに対する懸念も浮上している。[nL3N20Y0U9]

Zhang氏は、内需の喚起と「海外需要の変動への対応能力を早急に」高めることを重視すべきとの認識を示した。

一部のアナリストは、米中貿易戦争がハイテク戦争に発展し、中国の製造業を一段と圧迫するのではないかとの懸念も示している。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below