November 30, 2018 / 2:04 AM / 14 days ago

中国製造業PMI、11月は50.0に低下 2年超ぶりに拡大止まる

[北京 30日 ロイター] - 中国国家統計局が30日に発表した11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.0と、市場予想の50.2を下回り、2年超ぶりに拡大が止まった。

 11月30日、中国国家統計局が発表した11月の中国製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.0と、市場予想の50.2を下回り、2年超ぶりに拡大が止まった。写真は安徽省の機械工場で17日撮影。提供写真(2018年 ロイター)

10月は50.2だった。

PMIは50が業況改善・悪化の分かれ目となる。50は「中立水準」であり、月間ベースで拡大も縮小もしていないことを意味する。

11月のPMIでは、国内外の新規受注の不振が鮮明になった。

生産指数は52から51.9に低下した。将来の生産活動のバロメーターとされる新規受注指数は、50.8から50.4に低下した。

新規輸出受注指数は47で、10月の46.9から小幅ながら上昇したが、6カ月連続で50を割り込んだ。

中国の製造業者の輸入注文指数は47.6から47.1に低下。引き続き縮小していることが示され、弱い内需を反映する内容だった。

11月の非製造業PMIは53.4と、10月の53.9から低下したが、節目の50は上回った。

製造業と非製造業を合わせた総合PMIも10月の53.1から52.8に低下した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below