November 1, 2019 / 6:46 AM / 11 days ago

UPDATE 1-中国、香港の「一国二制度」への挑戦容認せず=全人代幹部

(内容を追加しました。)

[北京 1日 ロイター] - 中国全国人民代表大会(全人代)香港特別行政区基本法委員会の沈春耀主任は1日、香港に適用している「一国二制度」に対する挑戦、国を分離させたり香港の安全保障を脅かす行為を一切容認しないと述べた。

中国共産党は31日、第19期中央委員会第4回全体会議(4中全会)閉幕後に発表した声明で、抗議活動が続く香港について、繁栄と安定を確保すると同時に国家の安全を守っていくと表明した。

沈氏によると、4中全会では香港が議論の重要な部分を占めた。

4中全会は「一国」は「二制度」の基礎だと強調し、共産党は、香港、マカオの特別行政区政府が法の執行を強化することを支援する方針という。

沈氏は、香港、マカオの社会、特に公務員と若者は「愛国精神」や中国の歴史や文化の知識に磨きをかけなければならないと指摘。

「われわれは、憲法と基本法に従い、特別行政区の統治権を完全行使する中央政府の制度をさらに改善していく」と記者団に述べた。

沈氏は、中国共産党は「国家主権、安全、発展の権利を断固守り、香港とマカオの長期的繁栄と安定を守り、『一国二制度』の要に対するいかなる挑戦も容認しない」と発言。さらに「国を分離しようとしたり国家安全保障を脅かすような行為は一切容認せず、外国勢力による香港・マカオの問題への介入、分断や破壊的な行動を断固阻止、抑制する」と語った。中央政府が講じる可能性がある具体的な措置には言及しなかった。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below