December 29, 2017 / 3:45 AM / 4 months ago

中国、憲法改正議論する会合を1月に開催=新華社

[北京 27日 ロイター] - 中国国営の新華社通信が27日に伝えたところによると、中国共産党は来月、憲法改正を議論する会合を開く。また、反腐敗活動についても協議する計画。

 12月29日、中国国営の新華社通信が27日に伝えたところによると、中国共産党は来月、憲法改正を議論する会合を開く。写真中国の習近平国家主席。7日北京での代表撮影(2017年/ロイター)

習近平国家主席は、反腐敗の独立機関、国家監察委員会の設立を準備中で、同委員会は来年3月に開催予定の全国人民代表大会(全人代)で正式に法律として成文化される可能性が高い。

国家監察委員会は、複数の反腐敗の担当部門を統合して設立され、中央規律検査委員会(CCDI)の仕事を引き継ぐ。汚職監視対象を共産党員だけでなく、国有企業の社員にも拡大する。

新華社によると、中国共産党中央政治局は、憲法改正に関する会合と、反腐敗活動を議論するCCDIの会合を来月開催することを決定した。CCDIの会合は1月11─13日に開催されるという。

憲法改正の詳細は明らかになっていないが、国内の法学者は、国家監察委員会を新設する前に、同委員会に対して憲法上の根拠を与えるために、憲法を改正する必要があると指摘している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below