September 12, 2019 / 5:56 AM / in 10 days

中国北京市、今年は大気汚染深刻な200都市から外れる見通し

 9月12日、スイスに拠点を置くIQAir AirVisualがまとめたデータによると、中国の首都北京市は今年、世界で最も大気汚染が深刻な200都市のリストから外れる見通し。写真は8月に北京で撮影(2019年 ロイター)

[北京 12日 ロイター] - スイスに拠点を置くIQAir AirVisualがまとめたデータによると、中国の首都北京市は今年、世界で最も大気汚染が深刻な200都市のリストから外れる見通し。

中国政府は2014年以降、汚染物質を排出する工場の閉鎖や移転、石炭利用の削減などで北京市の大気汚染対策を強化している。

IQAirによると、8月の北京市の微小粒子状物質「PM2.5」の1時間平均濃度は1立方メートルあたり22.1マイクログラムで、2008年4月に記録を取り始めて以来、最も低い水準に改善した。

2019年の北京市のPM2.5濃度は前年から約20%低下し、17年水準を約3分の1下回る見通し。

ただ、依然、世界保健機関(WHO)が安全とする基準値(1立方メートルあたり10マイクログラム)の4倍以上で、中国政府の中期目標(同35マイクログラム)も上回っている。

中国政府は、今年はより効率的で的を絞った措置を講じるが、大気汚染対策への取り組みを後退させることはないとしており、中華人民共和国の建国70周年を祝う10月1日の国慶節関連イベントで打ち上げ花火を制限するなど、引き続き対策を強化している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below