February 5, 2018 / 4:30 AM / 9 months ago

中国、20年末までに汚染農地の約9割を浄化へ=環境保護相

[上海 5日 ロイター] - 中国の李干傑環境保護相は、汚染された農地の約9割を2020年末までに農作物にとって安全になるよう努めると述べた。また、国土の4分の1について、開発を制限するとした。

環境保護省は週末に開催された会議の内容をウェブサイト上で公表。それによると、李干傑環境保護相は土壌汚染問題を詳しく調査し、土壌汚染防止・浄化技術を試行するための試験区を開設すると述べた。

13年の調査によると、中国の農地のうち、ベルギーの国土と同じ規模の約333万ヘクタールが汚染で農作物を育てることができないとみられており、汚染除去費用は1兆元(1590億ドル)に上ると推計されている。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below