for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、火力発電の電力価格を完全自由化へ 危機解消目指し

[北京 12日 ロイター] - 中国国家発展改革委員会(NDRC)は12日、石炭火力発電による電力の価格を完全に自由化すると発表した。具体的な時期は示していない。

現在、市場で価格が決まっている電力は70%だが、自由化後は全て市場で価格が決定される。現在、産業用・商用利用者の44%が市場から直接電力を購入しているが、自由化後は全利用者が仲介業者などを通じて市場から購入しなければならなくなる。

NDRCのPeng Shaozong氏は12日の会見で「(価格改革)は電力需要と消費を反映し、電力会社の運営上の課題をある程度解消し、電力供給の拡大を発電所に奨励することが狙いだ」と説明した。

また、今回の変更による消費者物価指数(CPI)への影響はなく、他の経済指標への影響も限定的だとの見方を示した。

中国国務院(内閣)は先週8日、大量のエネルギー消費を抑制するため、石炭火力で発電した電力の価格について、基準価格から最大20%の変動を認めると発表していた。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up