November 9, 2018 / 2:19 AM / 4 days ago

中国10月PPIは4カ月連続で伸び鈍化、内需の弱まり反映

[北京 9日 ロイター] - 中国国家統計局が9日発表した10月の生産者物価指数(PPI)上昇率は前年比3.3%で、9月の3.6%から鈍化した。鈍化は4カ月連続で、米国との貿易摩擦が経済を圧迫していることが浮き彫りになった。原材料需要の弱まりや製造業の減速を反映した。

 11月9日、中国国家統計局が発表した10月の生産者物価指数(PPI)上昇率は前年比3.3%で、9月の3.6%から鈍化した。写真は7月江蘇省の工場で撮影(2018年 ロイター)

PPIはロイター調査のアナリスト予想と一致した。前月比の上昇率は0.4%となった。10月は原材料価格の上昇率が前年比6.7%と、9月の7.3%から低下した。

消費者物価指数(CPI)の上昇率は9月から横ばいの前年比2.5%で、こちらも市場予想と一致。前月比では0.2%上昇した。

中国では基調的な生産者物価の伸びがここ数カ月間鈍化している。固定資産投資の伸びが過去最低付近となっているほか、工業部門の企業利益も減速している。

中国は2018年のCPI上昇率目標を昨年と同じ3%に設定している。

国家発展改革委員会(NDRC)は先月、中国の消費者インフレに加速傾向はみられず、物価は引き続き妥当なレンジ内で推移するとの見方を示した。

キャピタル・エコノミクスの中国担当エコノミスト、チャン・リュー氏は「輸入価格高は生産者物価への一定の上昇圧力になる可能性があるが、PPIの伸び鈍化を抑えるのには不十分だ」と指摘し、「政策当局者は、基調的な物価圧力が引き続き抑制されていることに一段と注意を払い、経済活動を下支えするため今後数カ月にわたり緩和策を続けるだろう」と指摘した。

中国経済の勢いはここ数カ月軟化しており、習近平国家主席は先週、国内経済は「下振れ圧力の高まり」に直面しているとの認識を示した。

継続的な人民元安が輸入価格へのある程度の上昇圧力となるが、国内経済の減速や商品価格の下落により、CPIとPPIは共に年内伸びが鈍化するとアナリストは予想している。

前出のリュー氏は「われわれの予想通りに人民元が今後数カ月一段安となれば、輸入コストは上昇を続ける。ただ、それが国内の物価に及ぼす影響はさほど大きくない」と説明した。

*内容を追加しました。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below