for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の碧桂園の社債が急落、不動産危機収まらず

中国の不動産セクターを巡る危機が収まる気配がない中、中国不動産開発大手の碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の社債が17日、急落した。2017年5月撮影(2022年 ロイター)

[上海/ロンドン 17日 ロイター] - 中国の不動産セクターを巡る危機が収まる気配がない中、中国不動産開発大手の碧桂園控股(カントリー・ガーデン・ホールディングス)の社債が17日、急落した。

先週に過去最大の下げとなった碧桂園の社債は、17日にも一時17ポイント下落。海外市場では碧桂園の社債の大半が額面より25─35%低い水準となった。

アナリストによると、碧桂園は先週、転換社債(CB)発行により3億ドルを調達しようとしたが、投資家からの需要が足りずCB発行を中止したとの報道が要因という。

碧桂園の広報担当者は報道を巡り、現時点ではCB発行の予定はないと述べた。

碧桂園の株価も香港市場で8%下落した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up