for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国恒大、浙江省のプロジェクトを2億ドルで売却へ

5月26日、 経営難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団は、財務状況を改善させるため、東部の浙江省・寧波でのプロジェクト「シティ・ライト・プラザ」を13億5000万元(約2億0054万ドル)で売却する手続きを進めている。深センの恒大集団社屋で2021年9月撮影(2022年 ロイター/Aly Song)

[26日 ロイター] - 経営難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団は、財務状況を改善させるため、東部の浙江省・寧波でのプロジェクト「シティ・ライト・プラザ」を13億5000万元(約2億0054万ドル)で売却する手続きを進めている。

これにより、現在建設中の同プロジェクトは、浙江省浙建房地産集団と浙江省建工集団が引き継ぐ。

中国恒大は売却益として2億9400万元を受け取り、その一部を未払いとなっているこのプロジェクトの建設手数料の支払いに充てる。残りは運転資金に活用する。

当局への提出文書によると、同社は売却により約1億7500万元の利益を見込んでいる。

3000億ドル超の負債を抱える中国恒大は、サプライヤーへの支払いや債権者への返済、プロジェクトの完成に苦戦しており、無秩序な破綻を巡る市場の懸念を払拭するため、国有企業が介入し債務再編を支援したり、一部資産を引き継ぐなどしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up