for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国恒大のEV子会社、初モデルSUV「恒馳5」の納入開始

中国不動産大手、中国恒大集団の電気自動車(EV)子会社、中国恒大新能源汽車集団は、29日に同社初のEVとなるスポーツタイプ多目的車(SUV)「恒馳5」の納入を始めたと発表した。写真は2021年10月、天津で撮影(2022年 ロイター/Yilei Sun)

[北京 29日 ロイター] - 中国不動産大手、中国恒大集団の電気自動車(EV)子会社、中国恒大新能源汽車集団は、29日に同社初のEVとなるスポーツタイプ多目的車(SUV)「恒馳5」の納入を始めたと発表した。9月に天津市の工場で生産を開始していた。

まず顧客100人に引き渡す。販売価格は17万9000元(2万4690ドル)。2番目のモデルは来年上期に、3番目のモデルは下期に大量生産を開始するという。

恒大集団は事業の中核を向こう10年で不動産から自動車に移すことを目指している。2025年までに100万台を生産する計画。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up