for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国恒大の主要子会社、元建て社債の支払延期を債権者が了承

経営難に陥った中国の不動産開発大手、中国恒大集団の主要子会社である恒大地産集団は、同社の元建て社債を保有する債権者が、27日が期日の総額5億7400万元(8800万ドル)の利払いの6カ月延長を了承したと明らかにした。写真は2021年12月、香港で撮影、中国恒大集団が入るビル(2022年 ロイター/Tyrone Siu)

[香港 27日 ロイター] - 経営難に陥った中国の不動産開発大手、中国恒大集団の主要子会社である恒大地産集団は、同社の元建て社債を保有する債権者が、27日が期日の総額5億7400万元(8800万ドル)の利払いの6カ月延長を了承したと明らかにした。

恒大の元建て社債は支払期日が相次ぎ延長されている。

外貨建て社債の一部に関して同社は昨年、支払いが不履行となった。

同社は先月、外貨建て債の債権者に対し、7月末までに債務再編案を提示する計画を明らかにしている。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up