for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国の佳兆業、債券保有者に交換方式での満期延長を提案 

[25日 ロイター] - 信用不安に陥っている中国の不動産開発会社、佳兆業集団は25日、債券保有者に対し、既存の債券を満期が延長された新しい債券と交換するオプションを提案していると発表した。財務の安定性向上を目指す。

発表文によると、同社はシンガポール取引所に上場している既発債の流通元本の95%に当たる、少なくとも3億8000万ドル分の交換を提案している。

佳兆業は「交換提案と同意勧誘がうまく完了しない場合、12月7日の満期時に既発債を償還できない可能性があり、別の債務再編策を検討する可能性がある」と説明した。

同社は中国不動産開発会社の中では中国恒大集団に次いで大きなオフショア債務を抱えている。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up