for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国恒大の子会社、元建て社債の償還期日延長を債権者が拒否

 7月11日、経営難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団の主要子会社は、45億元(6億7104万ドル)相当の元建て社債の繰り上げ償還期日を延期する提案を債権者側が拒否したと明らかにした。写真は中国恒大集団のロゴ。香港で2017年3月撮影(2022年 ロイター/Bobby Yip)

[北京/香港 11日 ロイター] - 経営難に陥っている中国の不動産開発大手、中国恒大集団の主要子会社は11日、45億元(6億7104万ドル)相当の元建て社債の繰り上げ償還期日を延期する提案を債権者側が拒否したと明らかにした。

子会社の恒大物業集団は深セン証券取引所への提出書類で、債権者と交渉しており、早期に受け入れ可能な合意の取りまとめを目指すと表明した。

当該の社債は2020年初めに発行され、表面利率6.98%で繰り上げ償還(買い戻し)を請求できる権利が付与されていた。今年1月8日に繰り上げ償還期日を迎えたが、7月8日までの延期に債権者が合意。同社はさらに23年1月8日まで延長しようとしたが、承認は得られなかった。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up