for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国恒大、本社を広州市に移転=報道

[深セン 10日 ロイター] - 巨額の債務を抱えた中国の不動産開発大手、中国恒大集団が本社を広東省の深セン市から広州市に移転させた。オンラインメディア「The Paper」が事情に詳しい筋の話として10日、伝えた。

別の関係筋はロイターに、恒大がコスト削減策の一環で深セン市の「エクセレンス・センター」ビルから退去し、市内の自社保有の物件に入っていると述べた。

10日午後、エクセレンス・センタービルから会社のロゴの看板が一部撤去された。警備要員によると、恒大は先月、引き払ったという。

恒大のコメントは得られていない。

関係筋がロイターに明らかにしたところによると、昨年、広州市政府は恒大に作業チームを派遣した。国内各地で起こされた恒大を相手取った訴訟は、広州市の裁判所で審理されているとされる。

恒大は広州市で設立され、2017年に深センに移転していた。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up