for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国不動産投資、11月単月は伸び加速 住宅販売は軟調

[北京 14日 ロイター] - 中国国家統計局の発表に基づくロイターの算出によると、11月単月の不動産投資は前年同月比9.3%増と10月の7.7%増から伸びが加速した。14日に発表された他の主要指標が大幅な伸び鈍化を示したが、対照的な内容となった。ただ住宅販売と土地購入の状況は軟調で、不動産セクターの見通しがさえないことを示している。

 12月14日、中国国家統計局の発表に基づくロイターの算出によると、11月単月の不動産投資は前年同月比9.3%増と10月の7.7%増から伸びが加速した。北京で9月撮影(2018年 ロイター/Thomas Peter)

統計局が発表した1─11月の不動産投資は前年比9.7%増となり、伸び率は1─10月と同じだった。前月まで3カ月にわたって伸びは鈍化していた。

11月単月の不動産投資の伸びは、新築着工の増加が主な要因だった。ロイターの算出によると、11月の新築着工(床面積ベース)は前年比21.7%増と10月の14.7%増から伸びが加速した。

1─11月の新築着工は16.8%増。1─10月は16.3%だった。

Hwabao Trustのエコノミストは「今年初めにレバレッジを効かせて土地を取得した開発業者は現在、資金調達が難しくなる中、可能な限り早期に現金を回収しようと新築着工と事前販売を急いでいる」と指摘した。

中国では通常、新築の販売プロセスは着工後すぐに開始され、完成前にほぼ完売してきた。しかし、2016年と17年に大きく伸びて以降、今年の販売は不動産市場抑制策の強化を背景に低迷している。

11月の住宅販売(床面積ベース)は前年比5.1%減少した。10月は3.1%減だった。

1─11月の住宅販売は1.4%増と、1─10月の2.2%増から鈍化した。

アナリストは販売鈍化によって今後数カ月に住宅価格の伸びが抑制され、開発業者の建設前倒し意欲が減退すると予想している。

土地入札なども不調に終わるケースが増えており、開発業者は慎重姿勢を強めているようだ。

1─11月の不動産開発業者による資金調達額は7.6%増。1─10月は7.7%増だった。

*内容を追加しました。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up