August 14, 2019 / 2:50 AM / 5 days ago

中国不動産投資、1─7月は前年比+10.6%に伸び鈍化 販売減続く

 8月14日、中国国家統計局が発表した1─7月の不動産投資は前年同期比10.6%増と、1─6月の10.9%から伸びが鈍化した。写真は江蘇省の建設現場で1月撮影(2019年 ロイター)

[14日 ロイター] - 中国国家統計局が14日に発表した1─7月の不動産投資は前年同期比10.6%増と、1─6月の10.9%から伸びが鈍化した。

1─7月の不動産販売(床面積ベース)は前年比1.3%減少。1─6月の1.8%減よりも小幅な減少だった。

中国の不動産市況は、一部の都市が過熱の兆候を示す一方で、他の都市は急速に冷え込むなど、最近になって地域間格差が鮮明になっている。一方、米中貿易摩擦の影響などで中国経済が鈍化するなか、不動産市場は堅調さを保つ数少ない部門の1つとされてきた。

中国政府は不動産市場を活用した短期的な刺激策は導入しない考えを示しており、不動産バブルを阻止する目的の規制が緩和されるとの期待は後退している。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below