for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国深セン市、住宅用地供給を拡大 価格急騰に歯止め

 4月26日 中国南部のハイテク拠点、深セン市が今年、住宅向けの土地供給を大幅に拡大する。住宅価格の大幅上昇に歯止めを掛ける狙い。写真は2015年8月、深センで撮影(2021年 ロイター/Bobby Yip)

[北京 26日 ロイター] - 中国南部のハイテク拠点、深セン市が今年、住宅向けの土地供給を大幅に拡大する。住宅価格の大幅上昇に歯止めを掛ける狙い。

市当局によると、今年は住宅用地として363.3ヘクタールを供給する。前年から24%、2019年から142%拡大する。

今年の供給の40%は平均的な住宅向け。あとは賃貸などの公共住宅向けで、賃貸用は全体の10%を占めるとしている。

深センなどの大都市の不動産価格は、住宅不足や、銀行融資の流用による投機家による買いで昨年以降、大幅に上昇しており、当局が取り締まりに乗り出している。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up