October 24, 2015 / 4:32 AM / 4 years ago

中国人民銀が過去1年間で6度目の利下げ:識者はこうみる

[ロンドン 23日 ロイター] - 中国人民銀行(中央銀行)は23日、過去12ケ月で6度目の利下げに踏み切った。預金準備率も再び引き下げ、鈍化がみられる景気の浮揚を図る一方、預金金利の上限も撤廃し金利を自由化する。

 10月23日、中国人民銀行(中央銀行)は、過去12ケ月で6度目の利下げに踏み切った。写真は2014年11月、北京中心部にある中国人民銀の本部ビル(2015年 ロイター/Kim Kyung-Hoon)

市場関係者の見方は以下の通り。

●企業のコスト押し下げや資金流出阻止が目的

<コメルツ銀行のHAO ZHO氏>

利下げは企業の調達コスト押し下げが目的で、銀行の預金準備率引き下げは大量の資金流出に対応するためだ。

中国人民銀行(中央銀行)は金融政策の緩和と安定的な為替相場の間でバランスを保つのが困難となっており、オンショア人民元とオフショア人民元への圧迫が高まっている。

中国は中期的には構造改革を進め、信頼できる成長エンジンを見つける必要が依然としてある。

●経済リバランスめぐる懸念への対応

<AJベルの投資ディレクター、ラス・モウルド氏>

製造業と輸出主導型から消費主導型へのシフトに向けた経済のバランス調整が容易にいかないとの懸念への対応であることは明確だ。

現在進められている金融・財政政策の一環で、おそらく追加措置が取られるだろう。

大きなサプライズではない。今後数カ月間に追加緩和が実施される可能性がある。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below