August 6, 2019 / 8:48 AM / 19 days ago

元の弾力性拡大、中国の格付けにプラスに働く可能性=フィッチ

[ロンドン 6日 ロイター] - 格付け会社フィッチは6日、人民元の弾力性拡大は中国のソブリン格付けにプラスに働く可能性があるとの見方を示した。人民元の弾力性が拡大すれば、外貨準備の維持につながり、米国の関税の悪影響を一部相殺できる可能性があるという。

ソブリン格付け部門のディレクター、アンドリュー・フェネル氏が明らかにした。

人民元が5日、1ドル=7元を超えて下落したことについては「ソブリン格付けの観点では重要な意味を持たない」と指摘。「実際、秩序だった値動きで、為替の先行きの不安定化や資本流出の促進につながらないのであれば、為替の弾力性拡大は格付けの観点からプラスに働く可能性さえある」と述べた。

同氏は、中国当局はこのところ為替の弾力性拡大を目指しているとみている。貿易戦争が激化すれば元安が進み、冷却期間には元高が進む傾向があるとの見方を示した。

フィッチの中国の格付けは「A+」。格付け見通しは「安定的」。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below