for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

S&P、中国の格付け据え置き 米中緊張が成長へのリスク

 6月29日、大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは中国のソブリン格付けを「A+/A-1」で据え置いた。見通しは安定的。4月16日、北京で撮影(2020年 ロイター/Thomas Peter)

[29日 ロイター] - 大手格付け会社S&Pグローバル・レーティングは29日、中国のソブリン格付けを「A+/A-1」で据え置いた。見通しは安定的。

S&Pは、中国が今後数年、他の中所得国と比較して平均以上の経済成長を維持すると予想。

ただ、新型コロナウイルスの流行や経済構造改革の取り組み、米国との緊張による圧力を受けるとの見方も示し、米中関係は予見可能な将来、正常化しないと予想した。

S&Pは、新型コロナ危機から回復するに伴い、2021─23年の1人当たり実質国内総生産(GDP)の伸び率は平均5.5%との予想を示した。

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up