Reuters logo
中国、銀行の流動性リスク管理ルールの草案公表
December 6, 2017 / 10:03 AM / in 8 days

中国、銀行の流動性リスク管理ルールの草案公表

[北京 6日 ロイター] - 中国銀行業監督管理委員会(銀監会)は6日、商業銀行の流動性リスク管理の向上に向けたルールの草案を公表した。

(1)安定調達比率(2)適格流動資産比率(3)流動性マッチング比率──の3つの量的な指標を導入する。

安定調達比率は、事業開発資金を長期にわたり安定的に調達できるかを把握するための指標。資産2000億元(302億4000万ドル)超の商業銀行に適用する。

適格流動資産比率は、景気悪化時に短期的な流動性不足を補える高品質の流動資産を保有しているかを把握するための指標。資産2000億元未満の商業銀行に適用する。

流動性マッチング比率は、資産と負債のデュレーションの構造を把握するための指標。すべての商業銀行に適用する。

銀監会は「金利自由化と金融イノベーションの深化は続く。金融機関同士の結びつきは強まっており、流動性リスクが銀行システム内に拡散・移転しやすくなっている」と指摘。「(今回のルール導入により)商業銀行に対して、流動性リスクの管理能力向上を効果的に促せる」と述べた。

発効予定は来年3月1日。

0 : 0
  • narrow-browser-and-phone
  • medium-browser-and-portrait-tablet
  • landscape-tablet
  • medium-wide-browser
  • wide-browser-and-larger
  • medium-browser-and-landscape-tablet
  • medium-wide-browser-and-larger
  • above-phone
  • portrait-tablet-and-above
  • above-portrait-tablet
  • landscape-tablet-and-above
  • landscape-tablet-and-medium-wide-browser
  • portrait-tablet-and-below
  • landscape-tablet-and-below