for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up

中国、他社サイトへのアクセス遮断禁止 ネット企業に新たな規制

[北京 13日 ロイター] - 中国工業情報省は13日、国内インターネット企業に対し、自社サイトから競合サイトへのアクセスをブロックする長年の慣行をやめるよう指示し、従わない場合は何らかの措置を取ると発表した。

アナリストが「ウォールドガーデン(壁に囲われた庭)」と呼ぶ中国巨大ネット企業のこうした慣行はこれで終わることになるが、この動きはテクノロジーから教育、資産に至る分野にわたる政府による規制強化の新たな一手となる。

同省の報道官は今回の措置について、「ユーザー体験に影響し、利用者の権利を損なうとともに、市場秩序を乱す」と説明した。

21世紀ビジネスヘラルドは11日、同省がアリババ・グループ、騰訊控股(テンセント・ホールディングス)に自社プラットフォーム上で他社サイトへのリンクをブロックし合うことをやめるよう指示したと報じた。

例えば、テンセントはバイトダンス傘下の中国版TikTok「抖音(ドウイン)」のコンテンツを自社のメッセージアプリ「微信(ウィーチャット)」などで共有することを制限している。

テンセントは国営メディア「証券時報」に対し、今回の決定を強く支持し、段階的に実施すると述べた。アリババからはコメントを得られていない。

同省報道官は特定の企業について言及しなかったが、リンク遮断に関する一部企業側の理解と企業に求められる行動にはまだギャップがあるとの認識を示した。

※原文記事など関連情報は画面右側にある「関連コンテンツ」メニューからご覧ください

for-phone-onlyfor-tablet-portrait-upfor-tablet-landscape-upfor-desktop-upfor-wide-desktop-up